上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影枚数1000枚を超えたので軽くレヴューをば。
1-R0301735.jpg
1-R0301736.jpg
「見た目」
かなりシンプルなデザイン。ブラックを購入したのですが、指紋がつきにくい塗装なんで安心です。ストラップが変わっていて、純正以外を使いたいのですが、特殊な金具を使っているので種類が少ないです。見た目は良いが、ストラップが360度回転してしまうため気が付くと、ねじれている事が多いのが難点。コインさえあれば、即脱着可能なので、ステディーカム使う場合はストラップの取り外しが便利です。一眼タイプの見た目ではないので、ステディーカムではバランス調整が楽♪ コンデジ並みの大きさなので、35mmF2.0の単焦点コンデジと考えれば十分小さい方だと思います。

「画質」
主に星空撮影と、ステディーカムに搭載して動画撮影で使ってます。古いセンサーなので、高感度でのノイズが心配でしたが、ISO3200でも気にならないレベルです。EF-M22mm F2 STMが軽くて写りも良いので、つけっぱなしです。ダブルレンズ&マウントアダプターで購入しましたが、22mmを気に入ってしまい、他のレンズは使う機会がないです。

「操作性」
ボタンを少なくしたのには理解に苦しみます。液晶の左側にボタン配置しなかった点だけは救いです。タッチパネルはサクサク動き、反応が良く誤作動が少ないので慣れてしまえば操作性には問題はありません。メニュー画面の構成もEOS系なので6D使っている私としては、違和感なく使えます。

「バッテリーの持ち」
2~300枚ってトコロでしょうか。予備必須です。液晶モニターの表示時間によって持ちが左右されるので、マメに電源切ってます。サブ機として扱う人が多いはずだし、入門機のKissのサブではなく上位機種のサブとして使用される方が圧倒的に多いハズです。次機種では、6Dと共有のバッテリー搭載を切に希望します。

「液晶」
とてもキレイです。明るい星さえ画面に捉えればマニュアルで簡単にピント合わせられます。

「ホールド」
金属を多用してるので、見た目よりは重いです。小さいながらもグリップらしきモノがあるので、なんとかホールドできます。不安なのでストラップで首から下げるか、右手にぐるぐる巻きして使ってます。6Dとかとバッテリー共有してグリップが一眼並みにあればなぁ~と。

「機能」
電子シャッターとインターバル撮影が出来ない点が残念です。ファームウェアで追加されるか、サードパーティ製のインターバルタイマーの発売に期待してます。

「総評」
ファームウェアでAFの高速化がない時は、「こりゃダメだわ・・・」って思ってましたが、コンデジ並みになったのでソコソコ出来る子に(笑) とにかく小さいので、ステディーカムでの動画撮影機材として使ったり、サブ機として使ったりと、予想以上に活躍してます。値段もコンデジ並みに安いのも魅力。

ただし、メイン機にはなりえないエントリークラスの性能なので、しっかりと使えるメイン機材をお持ちではない方にはお勧めできない機材です。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。