DSC00489.jpg

DSC00500.jpg

DSC00575.jpg

DSC00609.jpg

DSC00668.jpg

軽量コンパクトなシステム目指してD600→α7に変更して1か月ほどが過ぎました。AFの性能は低いですが、軽いので持ち出す機会が増え、D600よりは使う機会が多いです。レンズも少ないので経済的。

キットレンズのFE 28-70mm F3.5-5.6 OSSはほぼインナーズームなんで扱いやすく、簡易防塵防滴なんで多少雨でも気兼ねなく使えます。フルサイズなんで多少レンズ大きいかなって思ってたんですけど、吃驚するほどコンパクトで軽い。α7が軽量コンパクトなんで多少写りを犠牲にしてでも、このズームレンズで十分。

Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZAの写りは平凡で面白みもないレンズですが、軽さだけが取り柄。この値段で出すなら例えば最短撮影距離が20cmくらいだとか、手ぶれ補正搭載とか、なにか一つくらい特徴を持たせて欲しかったなぁ~と。よく映る事は写るんですけど、面白くないレンズ。解像度とボケはそこそこいいので、35mmで手ぶれ補正搭載のレンズかF1.4のレンズが登場するまでのつなぎとして暫く使います。

基本的にはマウントアダプター使ってNOKTON classic 40mm F1.4で撮影してます。この焦点距離は標準の50mmより広角ぎみだし、拡大表示なしでもピント合わせやすいから楽しいです。ボケはかなり特徴的なので背景を選びます。

マウントアダプター前提だとレンズの幅が本当に広いカメラで、デザイン的にボタン押しにくい面とバッテリーの持ちがイマイチなのを除けば使い勝手と云うか遊びの幅が広いカメラです。バッテリーの容量もう少し何とかならなかったのかと本当に残念な感じですけど・・・。この値段と大きさで、こんなショボイ容量とかイマドキあり得ないです。在庫余ってるんでしょうね・・・。純正以外で1300mAhのバッテリーを買えるので、そっち使ってます(笑