上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

α7に機材変更して、Rollei Planar50mmF1.8ってレンズを最近使ってます。このレンズ、ウルトロン50mmF1.8にそっくりですね。いつ作られたレンズなのかは分かりませんが、微妙にフォーカスリングとか、多分コーティングが違うかも?ってのもあったのですが、これなら間違いなく金属製だろうと思いデザインで選んでみました。
1-R0318011.jpg

絞り&フォーカスリングの銀色部分が美しく、デザインはかなり好み。
1-R0318012.jpg

写りはこんな感じ↓。クセの強いボケでもなく、そこそこ解像するみたいなので扱いやすいです。
1-DSC00441.jpg

気づけば、もう2月。そろそろ水仙が咲き始めてます。
1-DSC00442.jpg

1-DSC00444.jpg

1-DSC00445.jpg
FlektogonとPancolorオートフォーカスで復活せんかなぁ~・・・。Flektogon35mmF2.4の写り凄い好みなんだが。

以前使ってたPC2台の調子が悪く、ウチ1台はグラボが死んでしまい、もう1台は古いので処理速度が遅く使っててストレスマッハなんで、2台分解して1台に組みなおす作業を丸一日やってました。しっかしWindowsの再インストール時間かかりますね・・・。SSDの読み込み速度もイマイチなんで、明日はHDDに再インストールして、それで安定しなかったら2台廃棄かなぁ~。
スポンサーサイト

1-DSC00425.jpg

1-DSC00427.jpg

1-DSC00429.jpg

1-DSC00430.jpg
MFでのピント合わせが楽になったとは云え、広角だとピント合わせが面倒だからMFレンズ買うなら35mm↑だなと思う今日この頃。キットレンズの解像度、操作性、大きさは申し分なく、ほぼインナーズームなんで、見た目も好み。MFは解像度よりもボケ重視で選択中です。マウントに縛られることなく選べるから気楽だし。今回テスト撮影したレンズはボケが綺麗な上に低価格で金属製の銅鏡の造りも美しく、流石流石の出来栄えです。M42マウントだと3倍のお値段なんですけど、コレは安いマウントの方です。

FUJIFILM X-T1発表になりましたね。バッテリーグリップ使える機種なんで、やっと本格的なカメラの登場です。防滴防塵で、かなり小型でファインダーが見やすそうな機材。レンズは申し分のない写りだし、SPEED BOOSTER使えば更に幅が広がりそうです。SPEED BOOSTERキャノンEFの富士用は出てたんだっけか??

APS-Cでマウント選ぶなら特化してるのは富士かペンタックス。X-T1で防滴防塵&バッテリーグリップ獲得して、更にマウントアダプターで遊べる富士の方が魅力的になりつつあるかな。

晴れた日にテスト撮影です。コンパクトで明るいけど、かなりクセがあり、夜に光源入れて撮影したら楽しそうなレンズ。最短撮影距離で使う際は背景を選ぶ感じ。
1-DSC00363.jpg

1-DSC00369.jpg

1-DSC00370.jpg

1-DSC00372.jpg

1-DSC00374.jpg

1-DSC00376.jpg

1-DSC00378.jpg

最近寒いから休みの日は引きこもり。ヘリコイド付のマウントアダプターが出揃ってきたので、新しいシステムに手を出してみました。とにかく軽い、MFでのピント合わせが楽、ほぼ全てのマウントが使用可能、貧弱だけどバッテリーグリップ使える、動画性能もソコソコ、と良いトコロも多いですが、最初にデザインありきで作った感のあるボディはダイヤルやボタン配置はいいけれど、押しにくい回しにくい持ちにくいと、使う事や道具である事をもう少し考慮して欲しかったなぁ~と思える出来。再生時の表示速度は早く、書き込み速度はイマイチ。一長一短かな。GR以来ひさしぶりに楽しい機材と出会えました。

Clo'z(クロッツ)って隣町にあるメーカーの湯たんぽをずっと愛用してます。寒い夜は布団の足元に湯たんぽ入れてるのを猫が覚えたらしく、襖のつっかえ棒外して夜中に毎晩布団に侵入してきます。Clo'z(クロッツ)の湯たんぽは布団に入れとけば平均15時間くらいは温かさを保ってくれるので、朝になっても昼になっても布団に陣取った猫が動こうとしないから、片づけ掃除が・・・(´・ω・`)

最後まで居座る子↓
1-DSC00027.jpg

1-DSC00029.jpg

夜中に器用に襖を開ける子↓
1-DSC00030.jpg

1-DSC00033.jpg

1-DSC00034.jpg
カメラも1年前に発売されたのと今の最新を比べたら、凄い進化してます。もうワイヤレスは当たり前の時代。

K-5はカメラを再開してから初めて買ったデジタル一眼レフ。フィルムの頃はMZ-S使ってたのでPENTAX歴は意外に長く十年以上愛用してきたメーカー。K-5は、今は手元にはなく、弟への出産祝いとしてプレゼントしたカメラ。フィルム時代と今との違いはボディ内手ぶれ補正とレンズ。レンズはフィルム時代は一癖も二癖もあるリミテッドシリーズが面白かったけど、デジタルになってからは解像度が重視された癖のないレンズになり、焦点距離のライナップは豊富でしたが、ボケがイマイチだったので、弟にK-5と一緒に贈ったのはシグマ28mmF1.8と18-50mmF2.8-4.5ズームの2本。シグマ28mmF1.8はAPS-Cのセンサーでは子供を撮るのに丁度良い焦点距離で近接撮影も可能なので便利なレンズ。シグマ18-50mmF2.8-4.5はエントリークラスのズームレンズにしては珍しくインナーフォーカス、インナーズーム、手ぶれ補正(PENTAXでもレンズ内手ぶれ補正が使える)、開放F2.8(18mmのみ)でしたけど、もうラインナップから消えてますね・・・。2万ちょいで手に入るエントリーズームとしては奇跡的なスペックだったのですが。

DAリミテッドは解像度が凄く重視されてるので、凄くよく写りました。ボディ内手ぶれ補正の効きも良く撮影中にブレて失敗があまりないカメラでした。ファインダーがやや小さいのが難点。センサーはソニー製でα55やD7000とかと同じだった気が。動画撮影中に熱で撮影がストップする以外は、高感度にも強く良いセンサーだったと記憶しています。ボタン配置やメニュー構成も使いやすいんで撮影もテンポよく出来ましたし。APS-C専用の単焦点やズームレンズも豊富。弱点はと云えば明るいレンズがなくボケを重視した撮影に不向きな事くらいかな。今でも弟のトコロで活躍中です。久しぶりに昔撮った写真見てたら懐かしいのが出てきたんで思い出を書いてみました。

K-3暇になったら触ってみたいです。カメラ持ってるのに他のカメラにも興味あるって、ちょっと病気かもしれません。APS-Cも重さを苦にしなければSIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM使えば35mm換算28-50mmちょいまでは単焦点レンズ要らなくなりましたし。

1-IMGP0362.jpg

1-IMGP0365.jpg

1-IMGP0547.jpg

1-IMGP0957.jpg

1-IMGP1136.jpg

あと数日で誕生日です。毎年、誕生日は仕事が入ってる事が多いので知らぬ間に年老いてますが、今年は珍しく仕事が入ってません。子供の頃は誕生日は嬉しいものでしたが、最近はあまりいい日ではないです・・・。何して過ごそうかな・・・とか考えるんですけど、気づけばいつの間にかって結果になりそうな予感。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。