かなりの枚数撮影したんで、そろそろレヴューをば。今回は簡単に箇条書きです。

6Dに乗り換えた際に一番最初に購入したのがEF35mm F2 IS USM。35mm単焦点と云えばシグマ35mmF1.4が最高峰のレンズですけど、6Dはシャッター速度の上限が1/4000なのと軽量なボディを生かすにはEF35mm F2 IS USMの方がいいかなと思い、こちらを購入。

6Dに装着すると、ちょうどいい太さで見た目も良い感じですが、プラ銅鏡なので手触りが残念な感じ。銅鏡の造りは値段以下。この値段なら金属にして欲しかったなぁ~と。

開放でのボケは良い感じ。とろけるようなボケではないですけど、原型を残しつつボケてる感じ。

絞ると光芒が、そこそこ派手に出てきます。

手ぶれ補正の効きが良く構え方にもよりますが、シャッター速度1/10でもブレる事は殆どないので、手持ち撮影の際に失敗する事が少ないです。

手ぶれ補正の効きが良く、失敗写真が少ないので普段は6Dに着けっぱなしです。カメラのセンサーが更に高画素になった場合、このレンズに搭載されてる手ぶれ補正が今よりもっと活躍する日がくるかもしれません。

1-R0311327.jpg

1-IMG_0185.jpg

1-IMG_0276.jpg

1-IMG_0558_20130928204840d4f.jpg

1-IMG_6079.jpg

1-IMG_6132.jpg

1-IMG_2893.jpg

1-IMG_2301_201309282048428e7.jpg

1-IMG_2572_20130928204844048.jpg

1-IMG_2584_20130928204905f9a.jpg